礼拜六休息半天日语咋说?

2011-01-25

半ドンとは、土曜日。半日休みの日

半ドン是指礼拜六,休息半天的日子

半ドンの「半」は「半分」の意味、「ドン」は「ドンタク」の略である。「ドンタク」は、オランダ語で「日曜日」「休日」を意味する「Zondag(ゾンターク)」に由来し、「博多どんたく」の「どんたく」の由来でもある言葉で、明治時代から使われている。

半ドン的“半”是“半分(一半)”的意思,“ドン”是“ドンタク”的省略。“ドンタク”源自荷兰语中表示“周日”“休息日”的“Zondag”,也是“博多どんたく”的“どんたく”的来源,自明治时代开始使用。

译注:博多どんたく是指福冈县福冈市每年5月3日和4日举行的庙会,参加人数逾200万,为日本最大的庙会之一。

土曜日は半日が休みなので、半分のドンタクで「半ドン」と呼ばれるようになった。

その他、半ドンの語源には、明治時代から太平洋戦争の頃まで、正午に空砲を撃つ地域があり、半日経った時間に「ドン」と撃つことから「半ドン」になったとする説.

「半分休みの土曜日」という意味で「半土」といったのが転じ、「半ドン」になったとする説もある。

由于礼拜六休息半天,半个休息日(ドンタク)所以叫半休(半ドン)。此外,关于半ドン的语源还有一种说法,自明治时代到太平洋战争期间,有的地区正午会放空炮,由于半天就“咚”的放一炮,所以叫做“半ドン”。

从“礼拜六(土曜日)休半天”的意思可转为“半土”,继而变成了“半ドン”,也有这种说法。

しかし、「日曜日」「休日」を「ドンタク」と言った時代に、半ドンの「ドン」が全く関係ない言葉であるのは不自然である。

但是,在把“周末”“休息日”说成“ドンタク”的时代,如果“半ドン”的“ドン”与其全无关系也太不自然了。

「半ドン」という言葉が死語になったのは、企業や学校で週休二日制が導入されたためともいわれるが、それ以前からこの語はほとんど使われなくなっていた。

“半休日(半ドン)”变成死语是由于公司和学校实行双休日,不过其实在此之前这个词语就不怎么使用了。

ただし、「半ドン」という言葉を使う場面が無くなったという意味においては、週休二日制の導入が理由となる。

相关阅读

编辑推荐