[日语原文]社会:貧困ビジネスで税務調査、告発も視野

2011-04-05 日语名古屋

生活保護の受給者向けの宿泊所を運営している経営者らが、所得を申告せずに脱税している疑いがあるとして、名古屋国税局の強制調査を受けていることがわかりました。
脱税の疑いが持たれているのは、名古屋や東京などで生活保護受給者向けに、安い料金で宿泊所を提供している「FIS」の経営者らです。
経営者らは、入居者から受け取った料金のうち、経費を差し引いた利益について税務申告をせず、脱税したとされていて、脱税額は数億円に上るとみられています。
社会福祉法の規定では、宿泊所が不当な利益を得ることは禁止されていますが、「FIS」では今年、一部の宿泊所で使途不明金が指摘されていて、名古屋国税局は刑事告発も視野に入れ、脱税の実態などを詳しく調べています。
JNNの取材に対し、名古屋市内の宿泊所は、「担当者がいないので、わからない」と話しています。(29日11:52)
以上是日本留学网https://riben.m.liuxue86.com/exam/日语组小编整理的2011年03月日语能力测试的《[日语原文]社会:貧困ビジネスで税務調査、告発も視野》文章,恭祝大家考试顺利通过!

相关阅读

编辑推荐