[日语学习网]经济:改正貸金業法施行、混乱の可能性も

2011-04-05 日语大臣

18日から、借り手の年収の3分の1を超えた融資を禁止する改正貸金業法が全面的に施行されました。多重債務問題の解決が期待される一方、新たな融資が受けられなくなるなどの混乱も予想されています。
18日朝、東京の新橋駅前では、内閣府の大塚副大臣らが融資規制について知らせるティッシュ配りを行いました。
この規制は、貸金業者に対し借り手の年収の3分の1を超える貸付を禁止するもので、社会問題となっている多重債務者の救済を目的としています。
ただ現在、年収の3分の1を超えた融資を受けているおよそ600万人が、新たな融資を受けられなくなることや、周知が徹底されていないため、混乱が生じる可能性が指摘されています。
「法律はプラスの面もあれば、必ずマイナスの面もある。やはり副作用を懸念しながら、できるだけ大勢の方々に多重債務者問題を理解・協力していただきたい」(大塚耕平金融担当副大臣)
大塚副大臣は、借り過ぎを防止するという目的をよく理解して欲しいと述べた上で、混乱が生じた場合は迅速に対応すると強調しました。(18日11:05)以上是日本留学网https://riben.m.liuxue86.com/exam/日语组小编整理的2011年03月日语能力测试的《[日语学习网]经济:改正貸金業法施行、混乱の可能性も》文章,恭祝大家考试顺利通过!

相关阅读

编辑推荐